MENU

プロフィール

1937年生まれ。G3(じーさん)といいます。 電気工事士、ラジオ・テレビジョン受信機修理技術者、詩吟講師、調理師免許。2019年秋、娘のミシン修理をきっかけに、82歳でミシン洋裁を始めました。 こちらのストーリーもぜひお読みください。G3sewingストーリー 68歳からは病気のオンパレード。大腸憩室で大腸を半分切除、大動脈解離で生死をさまよい、鬱病や糖尿病も患いました。82歳で尊敬する宣教師と出会い、娘家族や孫たちの通うプロテスタントの創愛キリスト教会で洗礼を受けクリスチャンになりました。 物作りをしているとテレビの組立に夜も寝ないで没頭していたことを思い出します。がま口を取りつけて完成した時の喜びは、 何ともいえない爽快感です。 今が人生で一番幸せ。後期高齢者が精魂込めて作りました。気に入ってくれると嬉しいです。2020年夏、孫が作ったTwitterのアカウントがバズってしまい、今はG3sewingのがま口職人に。Twitterを見るのが毎日の癒しです。
B3(ばーさん)といいます。
G3を支え続ける内助の功。絶え間ない人生の荒波を乗り越えて来れたのはこのB3の性格のおかげです。嫌なことはすぐ忘れて、どんなことにもすぐ感謝する癖の持ち主です。完成品のチェックと包装と発送担当しています。

G3sewingを支えております
G3とB3の三女三女私が更新していますSNS、事務、制作補助担当、小物制作担当
 長女。G3とB3の予防介護担当、事務補助
次女。G3とB3の散髪係
孫娘。海外対応、商品企画、生地カット担当
男孫。海外対応、IT担当、接着芯担当
息子(長男)孫5人、ひ孫1人。応援団