幸喜高齢者

幸喜高齢者G3の病院通いのこと

1、車の免許証を返却したので

だいぶ足腰が弱って来たG3の病院通い。

ひとむかし、大動脈解離や大腸憩室切除などの大きな病気をした上、糖尿病もあるので、

今でも定期的に病院に通っています。

普段の病院通いに加え、整形へのリハビリ通院も増えてしもうた、、、憂うつです。

病院へ通う時間があったら、仕事がしたいんやけどなー。。。

車の免許証を返上したので、送迎が必要になりました。

すまんねぇ。お世話になります。

kiki

そんなこと言わんでええよー

車に乗れやんってことは、本当に自由を失ってしまうことなんやなあ、、と

ここは都会じゃないから、車は必需品。

自分にもそうゆう時がいつか訪れたときに、だれか嫌な顔せずに乗せてくれるといいなあ。

と、そう遠くもない未来の不安に目を馳せるkikiでありました。

後期高齢者の方が、運転を誤ってしまう事故がTVのニュースになるたびに

心が痛くなります。

免許証を返したくない、返せない、というのは、個人の問題でもあるけど、

周りのみんなでちゃんと考えてあげないとあかんのやなあと。

いつか、私は免許証を返すとき、ものすごくゴネてしまいそうです😭。

2、いつも病院の受付で

診察券、保険証、お薬手帳、予約表などなど、保険証は財布に、

お薬手帳は、診察券入れに、、と

受付で、いつもあちこちを探しているG3。そこで、

kiki

診察券やお薬手帳、保険証とかを受付でスマートに出せるように、G3ご愛用がま口バッグとおそろいの生地で、作ってみました。がま口バッグは、G3作。手帳ケースは娘作ということで、親子がま口の出来上がりです。

これで、いろいろとあちこちに収納していた病院必需品が一気に納まりましたとさ。

初めて作ったものなので、あちこちはみ出したボンドのあと、糸の縫い目が金具から飛び出して

かなり不細工な仕上がりになりましたが、

G3はとても喜んでくれてうれしいです。

受付で、これをがま口バッグから出すたびに、嬉しそう。

少しでも、憂うつな病院通いが楽しいものになれたなら

それはめっちゃよかった!

3、免許証返却記念日

あっけない。

それが一番の感想でした。

書類にサインして、返す。ただそれだけ。

警察官の方、

「この手続きの後に、『やっぱり、返して下さい。』と言われても、返せませんよ。また自動車学校へ行って取り直しになりますからね。」

と最後に一言。

ですよね、、、。はい。

もうな、免許証を返上しようと思う、と言うたらすぐ娘に、警察署へと連行されました😅なんかあっけないなあ。寂しいなあ。車、もっと乗りたかったなあ。

kiki

娘3人、みんなの決断やからな、足代わりになるって覚悟したんやから、これからは遠慮なく言うて。事故されるよりよっぽどいいです。

免許返上後のお祝い?に、近くの公園でランチ。

これからは、ゆっくりと時間を使っていきましょう。たまにはね、ミシンから離れてね。

この後、ずーーーっと、

あの日、公園で食べたおにぎりがうまかった。楽しいキャンプやった。楽しかったなあ。

と言うてます。

また暖かくなってきたら行きましょう。キャンプとは言わんけどね。

ABOUT ME
g3sewing
G3sewing 商品を手にとってくださった方が幸せな気分に、笑顔になりますように。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA