G3sewingの日々

G3sewing「タグ」 -生地に印刷していました-

G3sewingの最初のころ、とてもシンプルで簡単な(裏地すらつけない😅)ジッパーポーチを作っていました。というか、G3、裏地の付け方を知らなかった頃ですもので、、。

ファスナーは100均一の4本入のもの。100均一はありがたい存在です。

それで、普通のジッパーポーチを作ってもインパクトがなくて誰も買ってくれないと思い、孫が描きためていたスケッチブックから、この女の子のイラストをパソコンでスキャンして、生地に印刷してみたというわけです。

その後しばらくして、G3がトートバッグを作れるようになった頃、G3sewingのロゴマークをタグラベルにして、トートバッグに付けたい!と思うようになりました。

それで、いろんなサイトでロゴをプリントしたラベルを制作してくれるところを探していましたが、なかなかのお値段。。そこで、ポーチを作ったころと同じように、ロゴマークを生地に印刷してはどうか!と思いついたわけです。

今現在では、トートバッグ、お薬手帳がま口ケースに「タグ」をこんなふうに縫い付けています。

今日は、G3sewingが、生地に印刷している方法を公開したいと思います!ハンドメイドが盛んな国アメリカのミセスのサイトを検索してみつけた素晴らしいアイデアをシェアいたします!

準備するもの ー 生地に印刷する ー

必要なものはこちらです

  • 印刷したいデータ
  • 印刷したい生地(A4サイズにカット)
  • インクジェットプリンター
  • freezer paper(アメリカのキッチンによくある、なんとお肉を冷凍するときに包む紙)↓こちらもA4サイズにカット

コロナ禍になる前、毎年、アメリカへホームステイプログラムの引率をしていまして、その時に買ってきたものなのですが、なんと最近Amazon(freezer paper)でも買えることが判明!

どうやら本来の使い方は、こんなふうに肉などを冷凍したいものを包んで保管するらしいです。
説明書きには、ハンドメイドにも使えるとのこと!

生地に印刷する方法

1、それぞれA4サイズにカットした生地とfreezer paperをしっかり、アイロンでくっつけます。(freezer paper のツルツルした面に生地をくっつける)

2、インクジェットプリンターの手差しのところに差し込み印刷します。

3、印刷しまーす。こちらはワードで印刷したいデータを印刷しました。こんなふうに出てきます。ポーチにできそうかな?

ここでお気をつけいただきたいのは、印刷機が壊れることもある😓ということ。10回に1回くらいは、印刷機の中で絡まってしまい、激しい音を立てて、印刷機が悲鳴を上げます💦実はこちらのプリンターは2代目、、、😭。

なので責任は負えませんが、チャレンジしてみたい方は、自己責任でお願いします😅

さて、こんなふうにロゴも生地に印刷して作っておりましたが、そろそろ限界です。

プリンターも「もうやめてくれ〜〜😭💦」と言っています。

ので、ロゴラベルを注文することに決意しました!!!!

オーダーしてから、3週間ほどかかりましたが、とても良いものを作って頂けました。

インクジェットプリンターで作ったよりも鮮明で鮮やかな印刷がされています。これでトートバッグもたくさん作れそうです!

ABOUT ME
g3sewing
G3sewing 商品を手にとってくださった方が幸せな気分に、笑顔になりますように。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA