G3sewingの日々

G3sewingクラフト部?!

B3がずっと、「看板作って」と言い続けていたので、やっと重い腰を上げて作ることにしました。想定外に手作り感満載に仕上がってしまいました(本当はもっとカッコイイ仕上がりを想像していた😅)

アイコンでもお馴染みになったTwitterのフォロワーさんが描いてくれたイラストをそのまま看板に使わせて頂きました☺️感謝感謝です。

20代後半からアメリカントールペイントやオランダフォークアートの資格を取るまでハマっておりましたが、もうかれこれ数十年も筆を持っていなくて、何百種類も持っていた絵具も姪っ子に全部あげてしまいもう何も残っておりません。

丁寧に描きあげる時間も、技術もなくなったので、

アメリカのクラフトマンがよく採用している『転写』(超簡単!)をすることにしました。

せっかくなので、ご紹介♩

看板によさそうな木のプレートをホームセンターで購入。1000円くらいでした。

ダイソーで買ったニスをベースに。筆を出して、使用後に洗うのがめんどくさいので、ボロ切れでテキトーに広げました。パレットも出すのがめんどくさいので(どんだけめんどくさがり?!😅)直接、プレートに広げました。

購入は数年前だから使えるかどうか不安でしたが、何とか大丈夫そうです。

乾かして、しばし、悩む。

やっぱり、ベースは白にしよう。ということで、つぎに、セリアで買ったNatural Milk Paintを塗ります。

1回目はムラができているので、乾いてからもう一度重ね塗りします。乾くまで待つのがいやなのでせっかちな私は、ドライヤーで乾かしました😅

転写するものを準備。

左右反転にして印刷します。

印刷して、余分なところを切り落とします。印刷用紙は普通のコピー用紙です。

そこで、これが登場。モッドポッジです。数年前に、アメリカで買ったものですが、なんとアマゾンでも買える!モッドポッジ マット 4 oz.

それを、表面にぬりぬりします。

ムラなく厚めに。塗って、位置を決めておきます。貼り付けたら、カードなどでしっかり空気を抜いて。

24時間、しっかり乾かします。

G3のイラストは黒白ですが、カラーの花もつけました。こちらも転写できます。

さて、24時間しっかり乾かしたら、濡れふきんで、軽く濡らします。

あとは、指などもつかって、優しくやさしく、紙を剥がすだけ。

仕上げに、これまたダイソーのクラッカー(クリア)をふきつけて完成。

思ったより、いまいちな完成度ですが😅

久しぶりにクラフトをしてみて、目覚めてしまいました。楽しかった!

調子に乗って、また色々と買い込んでベースを仕上げてしまいました。G3のミシン部屋に飾る、オサレなプレートをいくつか作ろうと思います!

G3sewing クラフト部に 乞うご期待!🤣(なんじゃそら!)

ABOUT ME
g3sewing
G3sewing 商品を手にとってくださった方が幸せな気分に、笑顔になりますように。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA