G3sewingの日々

二度目の禁止令

  1. 「がま口作り禁止令」発令
  2. 生地が買えないから
  3. やがてがま口バッグへと
  4. 運命の出会い

1、「がま口作り禁止令」発令

G3sewingストーリー はじめまして ごあいさつなんでG3sewing!?なんで82歳からミシンを?!初売り上げは200万円?!がま口バッグまでのロード...

ソーイングを始めて、どうしてがま口バッグに至ったのだろう、と

回想しております。

ミシンを使い始めたころは、がま口バッグを作る人になるとは

夢にも思いませんでした。

なんせ、「返し縫い」の存在を知らなかったほどなのですから。

がま口財布は、私が大好きで、大好きなんだけど、すごく欲しいのに

「高くて買えない。」

ましてや鞄サイズのがま口なんて、手も足も出ない。

その頃、トートバッグをすごく上手に作りこなせるようになったG3を

見て、思ったのです。

(もしかしたら、G3、作れるかも、、、?!)と。

ということで、財布サイズのがま口を100均一ショップで発見し

G3のもとへ。

私も、作り方など知るわけがなく、

「なんか、この中に作り方の紙、入ってるよー。」とだけ言い残しました。

「できるよ、できる、できる。」また大口を叩くG3。

そして

一番最初の記念すべきがま口財布はこちら。

はい、下手くそやね、明らかに下手くそ。

「添付されてた説明書、ちゃんと見たん?へったくそやなーーーーー。」

ちゃんと説明書も読まずに作り始めた証拠発見。

一緒に入っていた麻紐はどこへ???

金具の隙間に見えている白いものは何かと尋ねると

「金具とのすきまを埋めるために、ネクタイをほどいた時に出てきた芯を入れたんや。」

2、生地が買えないから

それ以降、また無限ループが始まった。

うまく作れないのが悔しいらしく、さらにミシンに没頭する。

作っては見せる▶︎ダメだしをされる▶︎誰かにあげる▶︎作っては見せる▶︎ダメだしをされる▶︎誰かにあげる

要らんってば!前にもらったよ〜〜

おそらく10個どころではない、30個くらいは繰り返し、それでも納得のい仕上がりにならない。

案の定、たくさん周りから苦情がくる。

「あのねー、あのG3の作ったがま口財布、要らんから。もう4個ももらったよ!要らんのに、出来たであげるって、何個も渡してくるの!」

がま口作り禁止命令を発令。

1度目の禁止令は、財布だった。ジッパー付きの財布。今度はがま口財布である。

しかし、もう誰にも止められない。

G3は作り続けるのであった。

生地が買えないから、ひたすら大量に頂いたネクタイをほどいて。。。

やがてだんだんとコツをつかんできたらしく、なんとか形も整ってきた。

ようやくお店にも並べてもらえるようなものになってきた。

4、やがてがま口バッグへと

それにしても、ひたすらにがま口財布を作り続けるが、

これまた一個も売れない😭

売れないけど、お店に並べてもらえる嬉しさがG3を元気にしてくれていた。

この頃、トートバッグも上手に作るようになり、

マチという仕組み、素材のこと、接着芯のこと、縫い方のことが

素人なりに分かるようになってきた。

設計とか、こだわりとか、キチンと、という

元電気工事士の魂が大全開!

そこで、横幅27cmもある、がま口金具を購入。

金具をはめるのにも大きいから四苦八苦しつつ

がま口バッグが完成。

「これはすごい!めっちゃ可愛い!」

G3がめっちゃ大満足なドヤ顔で笑っていた顔を今でも覚えています。

5、運命の出会い

どんな生地を選ぶか、

この頃は、G3と相談しながらお店やネットで選ぶようになりました。

作り手であるG3の気に入った生地じゃないと気持ちも入らないからです。

そこで可愛い赤い椿柄の生地に出会いました。

「おお、これはかわいいなあ、日本ぽいし、がま口にいいやないかー!」とG3。

バッグのベースは無地の赤がいいねと。

赤といっても、生地の素材によっていろいろと微妙に色合いが違います。

赤椿の生地を手に、いろんな手芸屋さんを廻ったり、

何種類もの赤色の生地をネットで買って、

どの赤がいいか、G3と悩んだのを覚えています。

そして出来上がったがま口バッグ、G3sewingの運命を変えたがま口バッグが出来上がりました。(完)

ABOUT ME
g3sewing
G3sewing 商品を手にとってくださった方が幸せな気分に、笑顔になりますように。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA